1. トップ
  2. 観光案内について

観光案内について

  • 松山・道後温泉

    日本最古の温泉といわれる道後温泉は、日本書記や万葉集にも登場する歴史ある温泉。そのシンボルとして親しまれている公衆浴場の道後温泉本館は、築100年を数え、これまで夏目漱石をはじめとする多くの文化墨客が訪れたことでも有名です。
    • 道後温泉本館

      日本最古の温泉といわれる道後温泉は、日本書記や万葉集にも登場する歴史ある温泉。

      ●霊の湯
      【3階個室】
      大人:1550円 小人:770円

      【2階席】
      大人:1250円 小人:620円

      ●神の湯
      【2階席】
      大人:840円 小人:420円

      【階下】
      大人:410円 小人:160円

      ※※※今年の休館日は12月4日となります※※※
    • 椿の湯

      昭和28年に増設されたもうひとつの外湯。伊予国風土記逸文の中にある聖徳太子の碑文が刻まれています。

      ●椿湯
      大人:400円
      小人:150円
      高齢者:200円
      障害者:200円

      ※※※今年の休館日は12月5日となります※※※
    • 飛鳥乃湯泉

      飛鳥時代の建築様式を取り入れた外観が特徴の温泉。「太古の道後」をテーマにした源泉かけ流しの温泉が楽しめます。

      ●1階浴室 【入浴のみ】
      大人:600円
      小人:300円

      ●2階大広間 【1階浴室入浴、2階大広間休憩】
      大人:1,250円
      小人:620円

      ●2階個室 【1階浴室入浴、2階個室休憩】
      大人:1,650円
      小人:820円

      ●2階特別浴室(家族風呂) 【1階浴室入浴 2階特別浴室】
      1組:+2,000円
      大人:1,650円
      小人:820円

      ※※※今年の休館日は12月5日となります※※※
    • セキ美術館

      香山又造や東山魁夷などの作品をはじめ、館長が収集した日本画や油絵、版画など、約200点を収蔵しています。

      ●住所:松山市道後喜多町4-42

      ●Tel:089-946-5678

      ●定休日
      月・火曜(祝日の場合は会館)
      ※12月29日~1月3日は休館

      ●営業時間
      10:00 ~ 17:00

      ●料金
      一般/700円
      小・中・高校生500円

      ●駐車場:有
    • 石手寺

      奥道後への道中にある四国霊場八十八ヶ所第五十一番札所。聖武天皇の祈願により728年に創建された古刹です。
    • 道後公園

      春には桜の名所として賑わう湯築城跡の道後公園。丘の頂上にある展望台からは、道後の街が一望できます。
    • 子規記念博物館

      近代俳句のすべてを一堂に集めた俳句の殿堂。正岡子規の生い立ちや、道後の自然・歴史なども紹介しています。

      ●住所:松山市道後公園1-30

      ●Tel:089-931-5566

      ●定休日
      年度・シーズンにより変わります。
      12月 毎週火曜日
      1月 9日、16日、23日、30日

      ●営業時間
      9:00 ~ 18:00 (入館は午後5時30分まで)
      ※5月1日~10月31日

      9:00 ~ 17:00 (入館は午後4時30分まで)
      ※11月1日~4月30日

      ●料金
      個人:400円/団体(20人以上):320円
      ※特別展観覧料は別に定めます。
      ※小中高校生は無料。

      ●駐車場:有
    • 松山城

      天守閣から松山市内を一望、晴天には石鎚連山まで見渡せます。また春は桜の名所として行楽客で賑わいます。

      ●住所:松山市丸之内1

      ●Tel
      089-921-2540(城山管理事務所)
      089-921-4873(ロープウェイ事務所)

      ●定休日:無休

      ●営業時間
      9:00~17:00(入場は~16:30)
      ※季節変動有

      ●料金:天守閣入場510円

      ●駐車場:有
    • 伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)

      日本に三社しかないといわれる八幡造りの神殿で有名。江戸時代の建立で、国指定重要文化財に指定されています。
    • 坊ちゃん列車

      明治21年(1888年)から67年間運行した蒸気機関車。夏目漱石の小説坊っちゃんで「マッチ箱のような汽車」と紹介されたことから「坊っちゃん列車」の愛称で親しまれるようになりました。
      現在はディーゼル車両として復元運行しており、乗車してみると松山の市街地から道後温泉まで景色を楽しみながら当時の雰囲気が味わえます。松山市駅・道後温泉駅では全国的にも珍しい乗務員による機関車の回転シーンが楽しめます。

      ●運行場所
      松山市駅・JR松山駅前⇔道後温泉
      ●運行時間
      約1~2時間毎運行

      ●運賃(1乗車)
      大人800円・小児400円
    • 大観覧車 くるりん

      松山のランドマーク的存在。松山市駅・いよてつ髙島屋屋上にある大観覧車くるりん。
      ゴンドラ内は冷暖房完備で快適な空中散歩を楽しめる。1周15分・地上85mの高さから「松山城」や「瀬戸内の島々」のほか夜になると松山市内の夜景を楽しむことができます。
      まわりも床も透明で浮遊感を味わえる「シースルーゴンドラ」も好評営業中。

      ●営業時間
      10:00~22:00
      ※休業日はいよてつ髙島屋に準ずる。

      ●料金
      通常ゴンドラ 1人 :700円
      シースルーゴンドラ 1人 :900円